2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

52回問1は計算問題

問2
・原子質量単位(u)では、1uは0.93GeVに等しい
・原子質量単位(u)では、1uは12C中性原子の質量の12分の1である。
・電子の静止エネルギーの値は、0.51MeVである。
・陽子の質量は電子の質量の約1800倍(938/0.511=1800)

問3
同一原子のK殻とL殻の電子に関する問題
・内部転換電子のエネルギーは、K殻よりL殻から放出される場合の方が大きい
・軌道電子の結合エネルギーは、K殻よりL殻のほうが小さい
・K殻オージェ電子のエネルギーは、L殻オージェ電子のエネルギーより大きい
 K殻に空席がある場合、主にL殻の電子が遷移するが、そのときに余るエネルギーは、L殻に空席がある場合よりも
 大きい。
 従ってオージェ電子もK殻への遷移にともなって放出されるK殻オージェ電子のエネルギーはL殻オージェ電子の
 エネルギーよりも大きい。
・同じγ線で放出される光電子のエネルギーはK殻よりL殻からの方が大きい。

問4
定義についての問題
・核子の総数が互いに等しい原子核は同重体
・陽子の数が互いに等しい原子核は同位体
・中性子の数が互いに等しい原子核は同中性子体
・陽子と中性子のどちらの数も互いに等しくエネルギー準位の異なる原子核は核異性体

問5
・陽子数が等しく、中性子数が異なる核種を互いに同位体であるという。
・陽子の質量は中性子の質量より若干小さい。
・原子核の質量は、構成核子の質量の総和より結合エネルギー分だけ小さい。
・原子核の核子当たりの結合エネルギーは質量数が4の場合に極大となる。
 最大は鉄であるが、42Heすなわち、α粒子は特異的に結合エネルギーが大きい。

問6は計算問題

問7は、Ge検出器の校正(50keVから1.5MeVの範囲)に用いられる核種について、放出されるγ線エネルギーの大きさに関する問題
・241Am:59.5keV
・60Co:1.173MeV 1.333MeV
・137Cs:662keV
・57Co:136keV
・54Mn:835keV
スポンサーサイト

この記事へコメントする















徳川たかし

Author:徳川たかし
勉強できない筆者が資格試験に挑みます( ̄▽ ̄)ニパー






現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。