2011 / 02
≪ 2011 / 02 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - 2011 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線取扱主任者試験とは


放射線取扱主任者(ほうしゃせんとりあつかいしゅにんしゃ)免状は、文部科学大臣が与える国家資格(免状)である。

この放射線取扱主任者(以下、主任者)免状は3種類ある。 第1種及び第2種は文部科学大臣登録試験機関が主任者試験を行い、合格者は更に、文部科学大臣登録資格講習(以下、資格講習)機関の資格講習を受講することによって国家資格を取得できる。 第3種は主任者試験が不要で、資格講習を受講することによって直接に国家資格を取得できる。

放射性同位元素あるいは放射線発生装置の使用者、販売業者、賃貸業者及び廃棄業者(以下、許可届出使用者等)は、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(以下、障害防止法)に基づき、放射線障害の防止について監督を行わせるため、主任者を事業所につき1名以上選任し届出なければならない。

障害防止法の放射線とは、電磁波又は粒子線のうち、直接又は間接的に空気を電離する能力をもつもので

1.アルファ線、重陽子線、陽子線その他の重荷電粒子線及びベータ線
2.中性子線
3.ガンマ線及び特性エックス線(軌道電子捕獲に伴って発生する特性エックス線に限る。)
4.1メガ電子ボルト以上のエネルギーを有する電子線及びエックス線
をいう。


だそうです。

大まかな試験概要としては

■試験の概要■


◆年齢制限・・・不問
◆実務経験・・・不要


◆受験資格
制限無し
※下記のものは免許を受けることはできません
・放射線取り扱い主任者免状の返納命令日から1年を経過しない者
・放射線同位元素等による、放射線障害の防止に関する法律、命令の規定に違反して罰金以上の刑に処され、その執行を修了し、または執行を受けることのなくなった後2年を経過しない者


◆試験内容
第1種
・物理学、化学、生物のうち放射線に関するもの
・物理学のうち放射線に関するもの
・科学のうち放射線に関するもの
・放射性同位元素と放射線発生装置による放射線障害防止に関する管理技術と放射線の測定に関するもの
・生物学のうち放射線に関するもの
・放射性同位元素、放射線発生装置による放射線障害防止に関する法令
第2種(一般)
・放射性同位元素、放射線発生装置による放射線障害防止に関する管理技術
・放射性同位元素、放射線発生装置による放射線障害防止に関する法令


◆受験料
第1種14800円 第2種9900円


つまり、受けるのに条件が必要ないので、幼稚園児でも、勉強すれば受かるわけです( ̄▽ ̄)


俺が今回受けるのは、第1種で、合格率は、

第1種

 回    試験施行日    受験者数(A) 合格者数(B) 合格率B/A
第46回 平成13年8月22日~23日  3,131      774 24.7%
第47回 平成14年8月21日~22日  3,409      869 25.5%
第48回 平成15年8月20日~21日  3,855      585 15.2%
第49回 平成16年8月25日~26日  3,815      915 24.0%
第50回 平成17年8月24日~25日  3,574      855 23.9%
第51回 平成18年8月23日~24日  3,566      613 17.2%
第52回 平成19年8月22日~23日  3,482      966 27.7%
第53回 平成20年8月20日~21日  3,570      1,229 34.4%
第54回 平成21年8月19日~20日  3,815      856 22.4%
第55回 平成22年8月25日~26日  3,822      945 24.7%


第2種
回    試験施行日   受験者数(A) 合格者数(B) 合格率B/A
第43回 平成13年8月24日   2,944      601      20.4%
第44回 平成14年8月23日   2,847      1,163     40.9%
第45回 平成15年8月22日   3,022      797      26.4%
第46回 平成16年8月27日   2,775      1,083     39.0%
第47回 平成17年8月26日   2,547      695      27.3%
第48回 平成18年8月25日   2,674      763      28.5%
第49回 平成19年8月24日   2,676      448      16.7%
第50回 平成20年8月22日   2,818      1,066     37.8%
第51回 平成21年8月21日   2,659      772      29.0%
第52回 平成22年8月27日   2,701      1,266     46.9%


というもので、勉強できない俺からしたら、驚異的な難易度です。

なんだこれは・・・・こんなの受かるのか???

とも思います。

第2種なら受かりやすいのかなあとも思ったんですが、結構ばらつきがあるんですよね。

簡単なときは50%にちかいけど、難しいときは1種よりも合格率が低い年もある・・・・・

お金もかかるし、併願するかどうかは直前に判断することにします。





スポンサーサイト

徳川たかし

Author:徳川たかし
勉強できない筆者が資格試験に挑みます( ̄▽ ̄)ニパー






現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。